ザコ・レポート

テキトーなニュースを届けます

北欧旅行:フィンランド編 穏やかで落ち着いた大人の街

ストックホルムを二日間満喫した後は、

リアラインという豪華客船でフィンランドの首都ヘルシンキに向かいました。

10時間ほどでしたかね。

 

中にスーパーやレストラン、バー、コンサートホールなどがあり、とても楽しめました。

ザコはヘルシンキをどう効率的に回るか計画を立てるため旅行ガイドとにらめっこだったんですけどね笑

 

外の景色や海も見たいと思ったのですが、夜の海はキレイどころか、漆黒の闇でした笑

本当に寒くて、何も見えない、恐怖しか感じませんでした。

 

メインのヘルシンキですが、大きさはコペンハーゲンストックホルムの中間くらいです。

最初は市庁舎のある港に降り立ったので、小さな町だなぁ、と思ったのですが、トラムで中心街に出ると都会でした。

 

まず気づいたのは、教会が他の北欧の国と比べてロシアの建物に似ています。

屋根がアイスクリームのようになっている感じです。

他の北欧の国の教会はヨーロッパに似ていてとんがり屋根に十字架といった感じでした。

 

地理的にロシアの隣だからでしょうかね、影響を受けている部分があるのかもしれません。

テレビもロシアの番組が写っていました!

これは本当にびっくりでした。

 

電車は郊外に出る時のみ使用するようで、街はほとんど地上を走るトラムで移動しました。トラムが少し複雑、本数が多いのですが、移動距離が短く、目的地に一番近いトラムがどれかという判断が少々難しかったです。

歩いた方が早いかもしれません。

 

ザコの同行者はこの街が一番気に入ってました。

・道路が全て石畳で、とてもキレイ。

・都会なのですが、賑やかすぎず地味すぎず、程よい。

・どこにいってもキオスク(発祥地)とサウナ(発祥地)がある。

といった点がとても良かったです。

 

クレジットカードが使える範囲が他の北欧諸国やり少し狭いように感じましたが、特に不便ではありませんでした。

 

あと、たまたま出会った人たちがそうだっただけかもしれませんが、

他の北欧諸国の人々に比べ少し、暗いというか不親切な気がしました。

ですが、危ない、危険と感じることはなかったので、行ってみようかなと考えている人は安心してください。

 

余談ですが、ムーミンショップだけ日本人しかいませんでした笑

どこに行っても日本人を見ることはなかったのに、ムーミンショップだけ大量の女子大生(?)に占拠されていました笑

 

ザコはムーミンに全く詳しくないのですが、せっかくなので思い出のクシュクシュボールを買いました。

New ニンテンドー2DSを突然発表! なんでこのタイミング?!

昨日、4/29、New ニンテンドー2DSが発表されましたね。

発売は7/13だそうです。

 

www.nintendo.co.jp

 

最初聞いた時はめちゃくちゃショックでした。

だって数日前に 2DS 買ったばっかりなのに、このタイミングでNew?!

ってなりましたよ笑

 

でも実際、チェックしてみると、値段は1万5千円で、

パタンと閉じる式。

それにCスティックはあるもののボタン配置は変わらず。

いらね、2DS 買って大丈夫だったわ、と一瞬でなりました。

 

ザコはどうしても何故開くパタパタ式の New 2DS なんて出したのか、とても疑問に思ってしまいます。

 

New 3DS を持っている人はいらないと判断すると思いますし、

2DSを購入した人はその安さと、画面のパタパタが嫌で購入したと思います。

唯一購入を考えるとしたら、初代 3DS3DS LL を現在使用している人かな?

でもZR、 ZL、Cスティックって、ほとんどモンハンでしか使用しないんですけどね...。

あとはパルテナくらいかな?

 

ニンテンドースイッチが発売されている今、みんな次の携帯機が出るんじゃない?スイッチの改良版が出るんじゃない、スイッチ買おうかな、と待機している状態なので、

このタイミングで New 2DS LL の発売は本当にナゾです笑

 

メリットがないわけではないです。

・画面がとても大きい

・開いた上側の部分がすごく薄くなって、大幅に軽量化されている。

・New シリーズはエンジンが初代 3DS より大分強力になっているので、起動やネット通信が圧倒的に速い。

 

ザコは購入はしませんが、軽くて大きな画面でプレイしたいという強い思いがある方は、購入してみてください。

 

せめて開く式じゃなかったら、Newシリーズのエンジンは魅力的なので、購入を考えたんですけどね。

 

でもそれだと 2DS の購入が無駄になっていたので、ザコとしては朗報だったかもしれません笑

ニンテンドー2DS 今更買ってみた! 3DSとの比較とオススメ理由

購入しましたよ!ニンテンドー2DS

え、なんで今更?スイッチじゃなくて?

と思う方も多いかもしれません。

そうですよね。

 

ザコは今までNEWニンテンドー3DSを二年以上使用していました。

実は、この new 3ds 発売当日に購入したのですが、初期不良なのか、

最初からCスティックと十字キーの反応が鈍く特に十字キーの右はほとんど反応してくれませんでした。

それでも使い続けていたのですが、最近等々バッテリーまでやられてしまい、

常に充電器をつないでいないとほとんどプレイできないような状態でした。

 

スイッチが出たので、今更3DSを買い換えるのもなんだかなぁ、

と感じたのですが、肝心なポケモン、モンハン、どうぶつの森はまだまだ出そうにない。

そういえば2DSというのが一万円以下で売っていたじゃないか!

と考え思いつきで電気屋に直行しました。

 

最初は青色にしようと思ったのですが、赤と青は裏が黒色になっていて二色構造になっていて、これがどうしても気に入りませんでした。

なので、ラベンダーにしました!

 

結論から言うと、とても気に入っています!

最初は舐めていました。

どうせおもちゃだろ、と。

ですが、開けて触ってみると、感動しました。

 

感動した点:

1)以外と重量感がある(良くないと思う人もいるかも)

2)表面がザラザラしていて、プラスチックの安っぽさがない

3)手の中にすっぽり入り、下画面部分に重心がある3DSより持ちやすい

4)昔のゲームボーイを触っているような感じがする

5)ボタンがクイっと入り込むので押している感じがする、new 3dsはカチッという感じで押している感じがしない

6)SDカードの抜き差しが今までの本体と比べてとても楽

7)R, L ボタンがとても大きく押しやすい

 

残念だった点:

1)new 3dsからデータの引っ越しできない(これ致命的)、ポケモンなどなら問題なくプレイできるけど、モンハンのようなSDカードにセーブするゲームはプレイできない

2)十字ボタンを右に、start, select を左に配置して欲しかった、今の配置だと色々なゲームがプレイしにくい

3)画面がパタンと閉じれない代わりにsleepボタンが存在するが、すぐに壊れそう

 

といった感じです。

 

new 3ds からのデータの引っ越しができない(3dsからはできる)のはヒドいなと思いましたが、それ以外は大満足です。

9000円で充電器も付いてきて、このクオリティのゲーム機が出せるなら、最初から出して欲しかったです。

 

初代3DSに2万5千円も払ってしまいましたから。

ザコはこういうところもやっぱりザコなんですよね。

 

3DSが不調な方、どうしてもやりたいゲームがあるけど、3DSを買うのはちょっともったいないと思っている方にはオススメです!

北欧旅行:スウェーデン編 スカンジナビアの心臓

次はスウェーデンストックホルムですね。

ザコはこの街が一番好きでした。

 

水の都とも呼ばれており、島が集合してできた街という感じです。

ニューヨークや東京ほど大きくはありませんが、北欧の国々の首都の中では明らかに一番大きく、色々な人種の人々が集まっていました。

 

建物や街の雰囲気も他の北欧の国々の首都よりも近代的で、ノーベル賞の授賞式が行われる市庁舎があったりもして、北欧の心臓部分という感じでした。

 

中心部分にガムラ・スタンという旧市街がそのまま残っとおり、ここがとんでもなく綺麗!

ザコは思わず二日間で三度も訪れてしまいました笑。

わかりやすく例えると、ハリー・ポッターのダイアゴン・アリーのような場所です。

ここだけ何故か日本人観光客がとても多かったです。

他の場所では一切見なかったのに...。

ノーベル博物館があるからですかね。

 

ザコがストックホルムに訪れた期間中、丁度雪が降っており、本当に切れでした。

ストックホルムの町並みは雪の靄の中で映えるので、冬の期間がオススメです。

海が凍り、ずっと先が霧で見えなくなり、雪で全てが白く静かになった世界はまるでファンタジーのゲームに迷い込んだようでした。

これ、同じことデンマーク編でも言ってますね笑。

ただの街灯ですら雪の中では綺麗に見えました。

 

他の首都よりも大きいので一日で回るのは無理でした。

1週間くらい滞在してゆっくり回りたかったです。

人がとても親切で他の北欧の街より、道を聞いて散策が楽でした。

 

朝ごはんがとっても美味しい!

ベーコン、スクランブルエッグ、クロワッサン、レタスなどが主に出てくるのですが、栄養バランスがよく毎日一生でも食べていたいと思いました。

 

それとこれは北欧のどの町に行ってもそうだったのですが、どこに行ってもそこら中にカフェがありした笑

そして居酒屋のようなお酒を飲む場所、売る場所が全くありませんでした。

寒い地域だからなのか、人種・習慣的なものなのかはわかりませんが、北欧の人々はあまりお酒を飲まず、コーヒーをよく飲むみたいです。

 

あとは子供用の玩具屋さんも多かったです。

北欧は知育にとても力を入れているそうです。

 

電車のワンデイパスは買ったのですが、ほとんど使いませんでした。

ザコは歩いて町並みを楽しみながら目的地に到着したかったので。

 

ザコの偏見ですが、ストックホルムは悪い点が一切ありませんでした。

唯一残念だったのは、地下鉄アート(ストックホルムは全てではないですが、各駅にアートが施されている)に見とれてワンデパスを落としてしまい、レシートを見せても再発行してくれなかったことですかね。

日本だったら、再発行してくれたような気がします。

 

エマ・ワトソン主演 美女と野獣 小さな変更点とそこに隠されたメッセージ

公開初日に早速「美女と野獣」、見てきました。

・アメリカで大分評価が高かった

・同性愛者の描写があるので放映禁止になった国があった

といった理由からとても気になっていた映画でした。

 

早速、いつもの良い点、悪い点をあげていきます。

 

良い点:

・黒人の出演者が多く積極的に白人一辺倒をなくそうとしているのがうかがえた

・音楽がとても綺麗

・動く時計やキャンドル(名前覚えてなくてごめんね)たちが1991年に放映されたアニメ版に負けないくらい可愛くて、愉快で、楽しい

・城や家具がとても綺麗で細部まで凝っている、ハリウッドのCGはやっぱりすごい、ビーストもカッコよくて、日本のコスプレ、ハリボテ実写とは全然違う

 

悪い点:

・すでによく知られているお話なので、驚きはない、追加されている部分はちょこちょこあるが、大きくは変わらない

・ほとんど歌っているので、歌中心で会話のほとんどないミュージカルが嫌いな方は絶対に合わない、見ていて冷めると思う

美女と野獣を見ているというより、エマ・ワトソンと野獣を見ている感じがした

 

ザコの感想:

 

ここからはネタバレも含まれているので、これから見に行く方は避けてくださいね。

 

今回の実写版、色々と工夫されている点が多かったです。

白人と黒人の比率を同じにしたり

三銃士の一人が実はゲイだったり

男らしさ、女らしさに疑問を呈したり

読むこと、書くことが世界を広げることを説いたり

小さな世界で自分だけのことを考えているのは安全だが愚かしいと訴えたり

 

1991年のアニメ版にはなかったメッセージがたくさん散りばめられています。

一番大きな変更点は、テーマが「真実の愛」(アニメ)から「自由」(実写)に変わっていたところです。びっくりしました。

 

ザコはこの映画を見る際にとても気になっていた点がありました。

 

主演のエマ・ワトソンフェミニスト運動家としてもよく知られ、ベラの聡明で、知的好奇心が強く、自立したキャラクターに共感し。ラ・ラ・ランドのオファーを断り美女よ野獣を選んだとインタビューで言っていました。

ですが、この意見に対して、ベラはただストックホルム症候群なだけだ、結局素敵な王子様を求めるか弱い姫だ、という反対意見も多くありました。

 

この反論に映画はどのような回答を出したのか、ザコは実際に見て確かめたかったのです。

 

 

劇中、ベラがただの囚われた姫ではないというメッセージを込めたシーンがいくつかありました。

・ベラと野獣との初めてのまともな会話のシーンでベラはロミオとジュリエットが好きだ、と主張するのに対して、野獣は馬鹿馬鹿しいと切り捨てます。

・仲良くなってから間も無く、野獣は、触れるとその場所に行ける魔法の世界地図をベラに見せてあげます。そして自分は見にくいので行けないが、君ならどこにでも行けると語りかけます。

 

なるほどな、頑張っているな、とザコは偉そうにも思いました。

皆さんもぜひ見てくださいね。ザコが気づかなかったたくさんの努力や隠されたメッセージがあるかもしれません。

 

ただ作品として面白かったか、また見たいかと聞かれると微妙なので、5点中3点です。

 

最後に流れる、アリアナグランデが歌う美女と野獣は最高でした。それだけでザコは満足です。

 

評価:3/5

北欧旅行 デンマーク編 小ぢんまりとした古い町

北欧旅行で最初に到着したのは、

デンマークの首都コペンハーゲン

 

 

到着してまずつまづいたのがスマホの充電。

ヨーロッパは日本やアメリカとコンセントを挿す穴が違うらしく、変換プラグが必要でした。

売っていたのですが、高かったので(1500円くらい)ホテルのフロントで借りました。

 

次につまづいたのが水。

どこにも売ってない!

そこら中にめちゃくちゃセブンイレブンがあるのにどこに入っても炭酸水しか売ってない。

後から知ったのですが、北欧は水道水がとても綺麗で飲めるので、水はほとんど売っていないそうです。

一本だけ買った炭酸水のボトルを洗って、それにホテルの水を組んで外出しました。

 

町自体はとても小さく半日で回ることができました。

美術館やチボリ公園、博物館などに入ればもう少し時間がかかったかもしれませんが、ザコの行った時期(3月)はほとんど空いていませんでした。

 

よかった点と悪かった点の両方を簡単にまとめますね。

 

よかった点

・お城が多く、どれもとてつもなく巨大、映画でしかみたことないようなファンタジーの世界にいるのか?となるような城があちこちにある

・街が昔のまま保存されており、乱雑に新しいビルがボコボコ建てられているといことはない

・市庁舎を中心にして全てが時計回り、反時計回りで見られような綺麗な構図になっているので、地図とにらめっこせずに気軽に散策できる。

・自転車が簡単に駅で借りられサイクリングしながら町を観光できる

・現金は一切いらない、全てがカードで支払える、とても便利

 

悪かった点

・見るもの、場所があまりなかった

世界三大がっかりの人魚姫の像はものすごく小さく、レゴ本店も小さい、全てが小ぢんまりとしている。

・ストロイエという一番大きなショッピング通りがあるのだが、寂れていた

・料理が微妙、生臭い魚料理が多く、高い

・物価がとんでもなく高い、炭酸水一本400円くらいした

 

ザコの感想としては、

城や庭園が好き、散策が趣味という方には理想的な町だと思います。

賑やか、煌びやか、派手な街が好きな方は物足りなさを感じると思われます。

 

ワンデイパスを買えば電車で郊外に出られ、フレデリクスボー城などたくさんのとんでもなく大きな城が見られます。

 

城は本当に凄かったです!

本当に本当に凄かったです!

非現実的というか、突然アリス・イン・ワンダーランドの世界に迷い込んだのかな、と思うほど建物も庭も大きく、手入れがされていて、昔のまま残っています。

 

ザコの中ではコペンハーゲン=城の町になりました笑

 

北欧って本当にそんなに素敵な場所なの?実際に行ってみた

3月の頭にザコは知り合いと二人で北欧に1週間ほど旅行に行ってきました。

 

この話をすると大体の人はフィヨルド?オーロラ?どうだった?

と観光について聞いてくるのですが、

ザコは勉強目当てで行きました。

 

は?勉強と思うかもしれませんが、少しお話を聞いてください。

 

ニュースをよくご覧になられる方ならご存知かもしれませんが、北欧(ノルウェースウェーデンデンマークフィンランドアイスランド)は、幸福度、男女平等指数、報道の自由度、教育水準、環境保護などあらゆる分野で世界のランキングのトップを独走しています。

 

そして去年のアメリカ大統領選挙ではバーモント州からバーニーサンダーズという無所属の政治家が民主党に鞍替えし、北欧の社会民主主義を大々的に取り上げながら、ヒラリークリントンに対して健闘しました。

 

ザコと同世代のアメリカ人男女(20代、30代)は皆熱狂的にサンダーズを支持していました。

 

ザコはこの現象にとても興味がわきました。

なぜ今の若いミレニアル世代と呼ばれる人たちはサンダーズを支持するのか、本当に北欧はそんなに素晴らしい場所なのか。

 

行って確かめてやる、と。

 

数日間北欧のしかも首都だけに滞在しただけでは北欧の良さも悪さもわかるわけない、と思うかもしれません。実際そうだとザコも思います。

ですが、何もせずただ家でニュースを読んでいるだけよりは、何かが見えるかもしれない。そう感じたのです。

 

なんだよ、意識高い系かよ。真面目か!

 

と思うかもしれませんが、違います笑

意識高い系はカンボジアやアフリカの貧しい国に行き、日本より水準の低い場所で何か役に立ちたいと考える人たちのことです。

ザコは楽してより素敵な場所を求めて移住したいだけなので、やはりただのザコです。

北欧が本当に世界ランキングが示すように、サンダーズが言うように素晴らしい場所なら、どうにかして住んでやろうかなと考えているわけです笑

 

旅行に話を戻しますね。

ザコはデンマークスウェーデンフィンランドの三ヶ国に二つ日間づつ滞在しました、残念ながらアイスランドとノルウエーは未経験なので、また今度の機会に訪れようかなと思います。

 

それぞれの国の特徴や、行ってみて感じたことをここで三部に分けて書いていきます。

 

もし、読んで興味がわいたら実際に行ってみてください。

MHXX ファイトネコが最高にキモチイイ!

ファイトネコの源泉と研究に勤しんでおります。

 

以前ボマーとカリスマが強いと書いたのですが、

最近ファイトにハマり始めています。

 

言っていることが二転三転していますが、お許しください。

 

カリスマネコは鼓舞を使用すると、ファイトネコは憤怒を使用すると、エア回避を行うことができるようになるのですが、鼓舞がコスト2、ファイトは憤怒がコスト4と発動のしにくさからファイトの使用を避けていました。

 

ですが、食わず嫌いせずに使ってみるとファイトネコはエア回避からのジャンプ攻撃が大車輪になっていることが判明しました!カリスマのジャンプ攻撃は一発殴るだけなんです。

 

なのでファイトは使っていてすごく気持ちいい!

 

最初に憤怒さえ発動させてしまえば大車輪しまくりでゲージも溜まりまくりです!

 

ただ乗り蓄積はカリスマの方が多いように感じました。

ファイトの大車輪はエフェクトは派手ですが、一発一発の乗り蓄積はすごく少ないのだと思われます。

 

ただ、それでもカリスマからファイトに乗り換えられない理由が二つあります。

 

1)ステータスのバフがカリスマの方が圧倒的に大きい

 

2)ファイトのサポート傾向は近接と遠隔なので、貫通やメガブーメランを搭載するとゲージが追いつかず、どっちつかずな器用貧乏になってしまう

 

タイムアタックをしたわけではないので、どちらの方が強いとはまだ結論づけられないのですが、ファイトだと近接、遠隔どちらと相性の良いモンスターでも相手できるというメリットはあるように思います。

ただ動き方をあらかじめ決めて挑まないとタイムロスになるかもしれないとも感じました。

 

最大の課題はどうやって最初にゲージ4をためるかでしょう。

ファイトは戦闘によるゲージ回収が速いので、そこまで問題ではないことに気づいたのですが、それでもカリスマの2に比べると遅いです。

 

また何か発見したらザコがレポートをまとめますね。

MHXX ニャンター 強いサポート行動はどれ?

最近ニャンターが少し増えてきた気がします。

ですが、それでもやっぱり「ネコお断り」の部屋があったり、入っても蹴られたりするのがとても悲しいです。

 

ニャンターは火力がないとか、弱いとか思われがちですが、ちゃんとしたサポート行動、スキルを積んでいないネコが弱いだけでニャンター自体はちゃんと使えば本当に強いです。

 

ネコ4匹で一匹のカリスマネコでが鼓舞(攻撃40、防御60も上昇する)を使用すると、超特殊ライゼクスを8分くらいで倒せちゃいます。

 

もう少しニャンターが受け入れてもらえるようになるために、ザコが強いサポート行動を紹介いたします。

これを参考にして、強いネコを育成したり、部屋に入ってきたネコが強いかどうか判断してみてください。

 

必須

・貫通ブーメラン(遠隔):多段ヒット

・メガブーメラン(遠隔):超火力

・治ローリング:ネコ版絶対回避

 

あると便利

・隠密防御:かなり狙われにくくなる+スーパーアーマー

・回復壺:リジェネ効果、近くに味方にも付与

・キンダンドングリ:捕獲やクエクリア時に遊ぶ際に活用

・モドリ玉

・罠系

・緊急撤退+地中まっしぐら:回復→攻撃→乗りが可能

・転がしニャン系:移動手段として非常に便利

 

ロマン

・武器強化:攻撃中+見切り3のような効果

・火竜車:少し強化された

・トランポリン:すごく楽しい、それだけ

 

これ以外のサポート行動は無駄だと思います。

まとめサイトや掲示板で色々と議論がされているようですが、他のサポート行動は用途が限られていたり、扱いが難しかったり、コストが高すぎたりで、クエストの難易度が上がるほど使う場面がありません。

 

使っていて感じたのは、ブーメラン型のネコを使うなら隠密防御が便利です。

被弾がほぼなくなります。

近接型のネコを使うなら、被弾覚悟で攻めるので、治ローリングと回復壺を併用した方が使いやすいです。

ゴッソリ削られた体力もみるみる回復します。

 

転がしニャン系は、ダメージは普通に武器で殴るより少し強い程度なのですが、スタン効果があるのと、移動したモンスターを追跡するのにとても便利です。このサポート行動がザコの一番のおすすめです。

 

ただ、これはあくまでザコが使ってみてたどり着いた結論です。

 

もし気なるサポート行動があれば、自分で試してみるのが一番良いと思います。人によってしっくりくるものは違うでしょうからね。

 

今作は「オトモ道場」の「修行」でサポート行動を任意に変更できる(ネコの記憶の秘伝書が必要)ので、ほとんど厳選なしで好きなサポート行動を組むことができます。

 

どんどん試して自分だけのネコちゃんを育成してみてください。

MHXX ニャンター オススメのサポート傾向は?

発売一ヶ月でHR300に到達してしまった廃人のザコです。

ザコは全クエクリアやギルカコンプに興味がない人間なので、

そろそろやることがなくなってきたかな、と思い始めていました。

 

なので、他のサポート傾向のニャンターも触れてみることにしました。

以前ボマーとビーストが使いやすいと書いたのですが、

訂正させていただきます。

 

全サポート傾向に色々なサポート行動、スキルを積んでプレイしてみたところ、

終結論として「強い」と感じたのは、ボマーとカリスマでした。

 

ボマーの強さ:

・ご存知の通りジャスト回避があるため超特殊許可クエストで重宝する。

・今作メガブーメランの威力が大幅に上昇し、コストも2に下がったので、これを投げているだけでモンスターの体力をゴッソリと削ることができる。

・隠密防御を使えばほとんど狙われなくなるので(目に見えて狙われなくなります)回復手段はいらないと思います。

 

ザコは巨大ブーメランを切って貫通ブーメランのみの運用がしっくりきます。

巨大ブーメランは今作、時間が短縮されてしまったうえに、ブーメラン自体が弱体化されたので、使っていて必要ないなと思うことが多かったです。

また、治ローリングを絶対回避感覚で使用するといい感じでした。

 

カリスマの強さ:

・鼓舞のコストが2に下がり、鼓舞中エア回避ができるようになったので、積極的に乗れる

・回避上手をつけることでエア回避の無敵時間がかなり伸びる

・ジャンプ攻撃から大車輪に(直ではない)派生できるので、サポートゲージがガシガシたまる

・ガシガシ貯めたゲージで武器強化や治ローリング、回復タルを連発することができ、二つ名モンスターでもガンガン攻めていける

 

近接ニャンターはビーストやファイトよりもカリスマが圧倒的に使いやすいです。

ファイトは怒り状態に持って行きにくいので、エア回避ができない、ビーストはメインのダメージソースである爪フィニッシュが相手を選ぶことから、最初は気に入っていたのですが、今は一切使っていません笑

 

またこの二つのサポート傾向、相性補完が抜群に良いです。

ボマーの苦手なアオアシラ、ウラガンキン、ダイミョウ、ショウグンなどはカリスマで簡単、カリスマが苦手なティガレックス、ナルガクルガ、ウルクスス、ディアブロスはボマーで割と楽になっています。

 

次は使えるサポート行動スキルについて書こうと思います。