ザコ・レポート

テキトーなニュースを届けます

MHXX ニャンターが楽しすぎる

発売からちょうど3週間経った今日、やっとハンターランク200に到達しました。

超特殊許可ばかりやっていたらもうちょっと早かったんのですが、途中ネコの厳選に入ったりしていて時間がかかってしまいました。

 

ザコは今作XXを見送る気でいました。

平坦な地形や使い回しのモンスターに飽きてしまって。

ですが、ニャンターの仕様が大幅に改善されたと聞き、購入しちゃいました。

 

今回はハンターランク開放までだけハンターを使い(ネコだとオンラインでけられやすいので)その後、厳選したネコでゲームを進めました。

ですので、ザコの評価は少しネコ目線に偏っているかもしれないです。

 

まず、今作の良いところと悪いところ。

 

良いところ

・超特殊許可がパーティプレイにあった難易度

・防具合成で見た目の自由度が高まった

ニャンターの仕様大幅改善(火力は落ちてます)

 

悪いところ

・ラグ、バグがとてつもなく多い(本当に多いです)

・2ndG並みの謎当たり判定が発生する

・一部の武器が集中的に強化され、人口が偏っている(太刀、ヘビィが多い)

 

といった具合です。

さすがモンハンなだけあってとても楽しいです。

ですが、どうしても適当に作ったのかな?と思ってしまう場面が多々ありました。

武器、防具、地形の使い回しで本格的にマンネリ化してきちゃったのかな。

オンラインの仕様やグラフィックももう限界を感じてしまいます。

狩技や武器の複雑化で、モンスターもどんどん暴力的になっていて、雰囲気を楽しむ狩ゲーというよりコマンド入力を常に意識する格ゲーをやっているような気分です。

 

文句ばっかりですね。気分を害された方は、ごめんなさいね。

 

でもニャンターの導入と改善は画期的でした。

あまり使っていない人が多いようなのですが、本当によくできています。

特殊許可G級くらいならザコでもソロでクリアできる調整になっています。

 

ここからはニャンターについての語りになってしまうのですが、ニャンター使いたいけどどうしたらよいかわからない、という方は参考にしていただければな、と思います。

 

ザコが使ってみて気に入ったのはボマーとビーストです。

罠のはれない場所、回避の難しいモンスターにはボマー、サイズが大きいモンスターにはビーストと使い分けています。

 

ニャンターは火力を盛るよりも小回りがきくようにした方が強いと思います。例えばボマーは隠密防御、ビーストは爪フィニッシュ1段階目でヒットモーションが緩和されるようになります。ネコはもともと小さな攻撃でも大げさな仰け反りをするので、少しのミスで大幅に手数が減ります。ノックバックが緩和されることで、思っている以上に戦いやすくなります。

 

また、細いのですが、ネコは納刀と抜刀の動作がもっさりしていて面倒です。地ならしや緊急撤退の後の納刀状態が地味に辛いです。耐震スキルを積んだり、回復には治ローリング、緊急撤退を使うのであれば地中まっしぐらと合わせることで連携が崩れず、スムーズに狩れるようになります。今作で大幅に強化された、メガブーメランが使用後に納刀状態になるのが本当に残念であったりします。

 

買って損はないです。

ですが、次回作(スイッチかな)に向けて方向転換をするためにそれまでの間のつなぎとして出した作品という感じがします。

狩りの世界よりもアクション性に力を入れた作品となっているので、トライやトライGがにノメり込んだ方はどうしても入り込めないかもしれないですね。

でもきっと、カプコンはきっとまた驚かせてくれるはずです。ザコは期待して待ちたいと思います。

 

星3.5