読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザコ・レポート

テキトーなニュースを届けます

北欧旅行:フィンランド編 穏やかで落ち着いた大人の街

ストックホルムを二日間満喫した後は、

リアラインという豪華客船でフィンランドの首都ヘルシンキに向かいました。

10時間ほどでしたかね。

 

中にスーパーやレストラン、バー、コンサートホールなどがあり、とても楽しめました。

ザコはヘルシンキをどう効率的に回るか計画を立てるため旅行ガイドとにらめっこだったんですけどね笑

 

外の景色や海も見たいと思ったのですが、夜の海はキレイどころか、漆黒の闇でした笑

本当に寒くて、何も見えない、恐怖しか感じませんでした。

 

メインのヘルシンキですが、大きさはコペンハーゲンストックホルムの中間くらいです。

最初は市庁舎のある港に降り立ったので、小さな町だなぁ、と思ったのですが、トラムで中心街に出ると都会でした。

 

まず気づいたのは、教会が他の北欧の国と比べてロシアの建物に似ています。

屋根がアイスクリームのようになっている感じです。

他の北欧の国の教会はヨーロッパに似ていてとんがり屋根に十字架といった感じでした。

 

地理的にロシアの隣だからでしょうかね、影響を受けている部分があるのかもしれません。

テレビもロシアの番組が写っていました!

これは本当にびっくりでした。

 

電車は郊外に出る時のみ使用するようで、街はほとんど地上を走るトラムで移動しました。トラムが少し複雑、本数が多いのですが、移動距離が短く、目的地に一番近いトラムがどれかという判断が少々難しかったです。

歩いた方が早いかもしれません。

 

ザコの同行者はこの街が一番気に入ってました。

・道路が全て石畳で、とてもキレイ。

・都会なのですが、賑やかすぎず地味すぎず、程よい。

・どこにいってもキオスク(発祥地)とサウナ(発祥地)がある。

といった点がとても良かったです。

 

クレジットカードが使える範囲が他の北欧諸国やり少し狭いように感じましたが、特に不便ではありませんでした。

 

あと、たまたま出会った人たちがそうだっただけかもしれませんが、

他の北欧諸国の人々に比べ少し、暗いというか不親切な気がしました。

ですが、危ない、危険と感じることはなかったので、行ってみようかなと考えている人は安心してください。

 

余談ですが、ムーミンショップだけ日本人しかいませんでした笑

どこに行っても日本人を見ることはなかったのに、ムーミンショップだけ大量の女子大生(?)に占拠されていました笑

 

ザコはムーミンに全く詳しくないのですが、せっかくなので思い出のクシュクシュボールを買いました。